がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

白血球をふやす

4回目の抗がん剤投与の翌日、娘はまた通院して、こんどは白血球を増やすための注射をうける。抗がん剤投与の後の二、三日は疲労感が強くて、何をする気にもならず、ゴロゴロしたいのだが、そうもいかないのです。


化学療法のまえに血液検査があり、腫瘍マーカーが基準を超えていないと点滴がうけられないが、これまで白血球値が基準に達しないことがあった。本番のまえの第一関門といった壁です。


四回目のあと翌日に通院したのも、次回に備えてのことです。この白血球の減少という現象は投与二週間くらいあとが、いちばん顕著になるらしい。


こうした不調のせいで、本来、二週間おきの化学療法が、娘の場合、三週間おきが常態化してしまった。正規の手順から外れていることに不安があるが、残念なことだが、やむ得ない。


この白血球を増やす注射にも、いろいろな副作用が起こり得ると想定されています。寒気がする、血の気が引くショック、アナフィラキシーにつながるとか、発熱、息苦しいなどで間質性肺炎を起こすとか。副作用リストを読んでいるだけでも、気分がわるくなるような症状がでるらしい。点滴に注射に、、と副作用の波です。


つらい病魔に取りつかれたあげく、思いもよらぬ厳しい試練に立ち向かわなければならない。こんな時、キリスト者たちは神の御加護を乞う。慈悲にすがり、奇跡を願うのだろうが、無信心の者は、ただ穏やかな時間が過ぎてい行くことを願うばかりで、なすすべがない。


患者と家族の心の問題もそうだが、無視できないことは、経済的な負担が実に大きいことだ。白血球を増やす注射は、一回3万円強だといいます。


サラリーマンの妻である娘は、がん保険に入っていると言っていますが、すっかり変わってしまったお金のかかる治療生活が肩にのしかかってきます。当然、親である私たちの暮らしのリズムも、娘のことを抜きに回らなくなった。


真冬に珍しく、弥生三月のような暖かさの昨日、娘は自宅近くに流れる川の堤を小一時間、散歩できたとメールしてきた。よかったなあ。