がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

アルカリ性食事のすすめ

先日、「がん細胞がすみにくい体づくり」療法でよく知られる京都の「からすま和田クリニック」が開くワークショップへ娘は婿殿と参加してきたと聞きました。


先々月から4週連載された「サンデー毎日」の記事を読んでみると、主宰する和田先生は、京大で消化器内科で長くがん治療に関わったが、その標準治療にいまひとつ欠けているものがあるんではないというのが疑念があり、退官後に自前のクリニックを開いた。


というのは、膨大ながん患者の治療を経験したが、良くなったとみられる患者を送り出しても、その数割の患者が再発を避けられない。なぜそうなるのか?。


そうした実態から、標準治療のほかに何か重要なポイントが必要ではないか。そう考えて、独自の食事を含めた治療法を持つようになったそうだ。


 なぜ再発するのか? 筆者の記事からの受けとめ方でいえば、それは現行の標準治療では見過ごされている患者の生活習慣、食事、体質のなかに、がん細胞を生みやすいことが潜んでいるようなので、それを抑え込み、がんが住めない体づくりをすればいいのではないか。


そのために身体作りの基本である食事を工夫して「がん細胞がイヤがる体」へ改善する、という考えのようです。(誤解していたらお詫びします)。


患者と家族は、標準医療のほかにもワラにもつかむ思いで、いろいろな民間療法を調べたり、試みたりします。ネット上にもアガリスクに着目した星野式、ブロッコリを主体にした済陽式、あるいは昆布の粘り成分、フコイダンを評価するなど、さまざまな食事療法が、その効用を競っています。


その一方で、そうした療法でがんが治癒するなら、やれノーベル賞!?もんだと疑問視して、やれエセ医学、やれカネ儲けという声が少なくなく、判断の材料を持たない患者を大いに惑わされています。


和田クリニックの講習会では、体をアルカリ性にすることが勧められています。がん細胞は酸性を好み、アルカリ性を嫌うと言います。がん細胞は常温が好みで、高熱を嫌がるとの観点から温熱療法が生まれています。


ですから、軽いヨガの練習のあと、門下の先生の講話のなかで塩分、糖分を控え、魚や肉も食べず、玄米食と野菜、ニンジンジュースに重点を置いた三度の食事法を推奨されたといいます。普通の人にとっては、そうとう味気ない食事の感じ。


実際、昼食で出されたのは、豆をかけた玄米食カレー、皿盛の緑黄野菜サラダ、ニンジンジュースだったそうで、玄米食カレ―は、なんともなじみにくい味だったと娘は話しています。


とはいえ、食事が大切であることは娘も気づいており、がん発覚いらい低速ジューサーで絞ったニンジンジュースの効用は知人からもすすめられて飲んでいます。知人の場合、乳がんでニンジンジュースを日に2リットル、顔は黄色くなるほど飲んでよくなり、数年後も再発していないそうです。


最近は和田クリニックが勧める「シイタケ出汁で炊く玄米食」も実行しています。シイタケを一晩、水につけた出汁で玄米を炊き上げるご飯。筆者も試してみましたが、これは、旨味がついて美味しかった。


和田先生の勧める治療法は一定の成果を上げて、評判がよく、患者が全国から訪れるという隆盛ぶりです。もちろん、異端のやり方だと批判する立場の声もあるようですが、すくなくとも、がん患者の弱みにつけこむやらずぼったくりの一部の民間療法なんかとは違っています。


がん患者といっても症状の部位や進行度、本人の生育環境や体質など、さまざまですから、一つのやり方で誰も彼れもがうまく行くとは思いませんが、願わくば、娘は、この食事法でがん細胞が増殖しないことを、ほんとうに本当に祈っています。