がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

ステージ4

あまりにも衝撃的な手術中断だったので、家族みんなは平静心を失っていた。私も、そうだが、よくよく思い出すと、娘婿が主治医から聞いてきた結果報告のなかに、「膵臓がんのステージは4」だというのがあったのだ。


婿が低い声を、さらに押し殺すようにしゃべっているときに、私が話の腰を折って尋ねたのがステージだったのです。いまにして思えば、婿はこの病状の進行度を表すステージについては、話したくなかったのかもしれない。婿が医師から聞いていたのは、ほとんど希望の灯を打ち消すような悲しい数値であるからです。


健康者を0として、がん症状の進行度に応じて、1,2.3.4と悪性のレベルを上げる
ステージのことです。さるところの、がん情報センターの記述によると、こうだった。


1と2は、手術可能域
3は手術可能境界域
4は手術不可能域


私たちが、すがる思いで「今回の手術します」という病院の対応に期待をかけたのは、こうした知識を事前の知ったからです。


膵臓がんは早期発見が困難、症状を自覚したときは、すでに相当進行しているのだという知識とすり合わせると、「手術します」は、きっとステージ1,2の段階だと、祈る思いで、控えめに思いたかったのです。


4という数字。手術中断の知らせによって、婿殿も家族も一気に絶望的な境地に追い込まれたのです。手術が不可能となれば、あとは抗がん剤(化学療法とか薬剤療法とも呼ばれれる)療法か、放射線治療しかない。


話は逆戻りしますが、がんの自覚症状とか、健診で引っかかったというような予兆でもあ
れば、事前の入院先を検討できます。しかし、なんの病気かわからぬままに急性の激痛や嘔吐で緊急入院する先は選べない。


発症したとき、待ったなしで近場の病院に入院するや、すぐにがんを疑われて、次々と検査の渦中に入る。よくまあ、がんを疑ってくれたものだと感謝する一方、それほどまでに進行しなければ自覚症状が出ないがんの恐ろしさに戦慄します。


最初にがんの疑いを聴いたときから、私はセカンドオピニオンをぜひやる必要があると考えていました。それはいまのJ病院の医師や治療施設への不信というようなものではなく、あくまで複数の医師の見解をうかがいたということです。


というのは、私が脊柱管狭窄症で長く通院しましたとき、痛み止め、ブロック注射と治療を重ねても痛みが治らず、あとは手術だけかなという段階のとき、セカンドオピニオンを別の病院の医師に求めました。そこでの見解としては手術という点では同じでしたが、その別の病院へ転院した経験があるのです。


昔と違って別の医師の見立てを聴くことや、転院について、あまり義理人情の絡みや、もやもやした遠慮、気兼ねを気にすることが無くなっています。これは、患者にとっても、
おそらく医師にとっても、より良い治療方針を考える、いい傾向です。


私は、娘の症状についてのセカンドオピニオンを、できるだけ、がんの専門病院でしてもらいたいと調べることにしました。