がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

重粒子線治療のこと

娘の抗がん剤点滴は、好中球の減少がおおきくて、二週連続ができない状態。素人目にもフォルフィリノックスに続く、二つ目の抗がん剤になるアブラキ+ジェム併用治療は効いていないのではないか、と疑念がわきます。


見かけは元気な様子だが、外出から帰ると、ぐったり寝込んだり。体重はじわじわ減り続けていて、本人も「計るのがいやになる」。体重測定は気持ちが萎えるようです。


なにか効果的な治療法はないものか。娘も婿殿ももちろん、ずっと頭から離れないので、温熱療法や免疫療法を行う医療センターをたずねたり。最近、主治医はあまり乗り気でないらしいが、温熱療法を別の病院でやってみようと決めたばかり。


今回は婿殿を誘って「切らずに治す がん重粒子線治療」という講演会を聞きに行ってきました。この放射線の一種、重粒子線を使って治療する方法は、日本で開発されて、もう24年になるという。


しかし、標準治療に組み込まれているのは、今春適用になった前立腺がんと頭頸部がん、2年前に適用された骨軟部肉腫の三部位しかない現状。長い開発期間と巨額の費用をかけた大装置療法にしては、なぜ?


重粒子線や陽子線治療については、昨年、セカンドオピニオンで医師に尋ねたとき、娘のような転移がある進行がんには不適切だと一顧もされませんでした。


しかし、その後の進展もあるかもしれない、藁にもつかむ思いで講演を聞きました。その感想を結論から言えば、やはり、重粒子線治療の特徴は、限られた部位に固定されたがん、それもステージでいえばⅠ期ないしⅡ期くらいであれば、短期間にそれなりの効果があるという感じでした。


主催者側にいた外科医が話していました。外科でやるか、重粒子線でやるかは、患者の部位の病状(手術困難な場所)、体調(高血圧、心臓や糖尿病を患っている、体力がない高齢者、、著しい手術恐怖者)をよく勘案して、選択しているという趣旨で。


残念なことながら、進行がんで、抗がん剤治療を受けている段階の患者には、適用されない治療法のようでした。セカンドオピニオンの医師の醒めた対応から進んでいませんでした。


素人考えでは、転移があっても、まずは原発である膵臓がんの局所だけを重粒子線など放射線で叩くやり方はできないのかと思うのですが。


この療法、すでに15年まえから、先進医療扱いが認められています。技術料はおおむね300万円超。それ以外の費用は保険適用が可能といいます。非常に高価な治療ではありますが、命には代えられません。怪しげな民間療法とはまったく異なります。


こうした治療法が、ステージの進行したがんにも、安全に有効性がある日が早くくることを願う講演会でした。