がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

ワラにすがる気持ち

膵臓がんの次女を見舞ってきた長女が、とまどいの色を隠せず、相談にきました。長女の話を聴いて、ショックを受けました。


そこまで娘は追い詰められているのか、焦っているのか、普通の判断力が揺らいでいるのかと思うと、涙が流れます。


じつは、われわれ家族には黙って、某宗教団体らしい信者と接触したと言います。「こちらの講話を信じれば、胃がんが治った人もいます」というような勧誘をうけたそうで、最初は無料、二度目から、そのつど20万円の講話料がいるとのこと。


その話にのるかどうか。学生時代からの友人には相談してみたら、強く反対されたそうだ。冷静な友人に感謝したい。家族には、さすがためらう気持ちがあったのだろうが、長女とお茶したときに加入しようかどうか、まだ迷っていると話したらしい。


通院するたびに腫瘍マーカーはじりじり上昇しているし、二種併用の抗がん剤投与が
いつも白血球の減少のため、一種しかできない。体はしだいに弱ってきています。気持ちをしっかり持てと励ますことさえ、つらい状況ではありますが、、。


某宗教団体とか名乗る、その手の話は、冷静に考えれば、直ちにインチキ勧誘商法のたぐいだと一蹴できるはずなのに、、。先に明るい希望が見えない娘はわれわれが心配している以上に、気持ちが参っています。


一般的にいえば、なにかを信ずることで心の平穏安定が得られることは理解できます。古来からの加持祈祷に、病いの救済目的があったように、病者、弱者と宗教は密接に結びつきますけれど、気持ちが癒されることと、病気が治癒することとは別の話。


昔から、あらゆる宗教には厚い信仰心が深まれば、このような奇跡が起きると説く摩訶不思議な奇譚がありますが、いくらなんでも20万円の講話を聴けば、がんが治るなんて勧誘が、今の時代にまだ生きていることに驚きます。


娘の気持ちが少しでも和らぐ方法はないものか。がん地域連携病院にある、がん患者の会とか、支援センターへ行って見ることとか、瞑想型のヨガ教室なんかがいいかもしれない。


娘ともっと頻繁に会って、気分転換がはかれるようにしなければならないと長女と相談したことでした。