がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

CT検査

娘は久々にCT検査を受けました。結果を聞きに行くのは、怖いわとメールしてきた。家族みんなも同じ思いなので、少しでもいい兆しが出ることを祈っていました。


翌日、膵がんの部分は、ほんのちょっぴり小さくなったと見られるけれど、腹膜播種の方は進んでいる、腹水が非常に多く溜まっているという診断でした。いいニュースと悪いニュースが一体となって飛びこんできたような。


ちょっぴりでも小さくなった、ということはつらい抗がん剤投与が、わずかでも効果を上げている証ではないのか。末期がんにとっては、進行が停止していることがいちばんの要です。


長く生きながらえるには、増大、拡散しないこと、新たな転移がないこと。縮小しないまでも、現状維持を続けられることが延命につながります。


副作用によるものか、症状の進行によるものか、体の衰えがきついので、今回も抗がん剤投与は見送りとなりました。3週連続です。残念無念としか言いようがない。


副作用といえば、ぶつぶつと口内炎が起きて、それで食事がしずらくなっているうえ、味覚障害も併発していて、何を食べても味がしない、飲み込みにくい。味がしないから食が進まない状態に陥っています。


なんとか食べられるのは、梅干し入りのおかゆ、とろろ昆布入りのおかゆとのこと。これでは体力が回復しない。副作用に耐えられるだけの体力がないと、抗がん剤治療はむずかしい。


医師は、栄養をとり、まずは体力をつけてと言う。患者にすれば、言われるまでもない
こと、それができないから苦闘しているのだが、、、、。


医師はこんなものがありますと、栄養食品、補助食品などのサンプルをいっぱいくれた
と言います。こうした医師の対応を冷静に考えますと、治療はいっそう難しい局面に来ているのではないか。疑心がつのります。


家内も当方もよく夜中に目が覚めて、娘が少女だったころ、学生だったころ、いろいろな記憶がよみがえったり、先行きのことを案じたりして、眠れない夜が多くなった。つい真夜中のウイスキーとなってしまいます。家族が元気でないと、患者を支えきれない。


元気がない娘に一人息子への「クリスマスプレゼントは何がほしいのか、相談して」とメールを送ると、すぐさま返事が来た。「期末テスト中なので、終わったら、聴いてみる」と。


きょうは、家内は孫息子が好きなおもちを自動餅つき機でいっぱい作りました。まだ子どもなのに、なぜか刺身好きなので、ヒラメやタイの刺身を買ってきました。ほかの食材やサプリなども詰めて、姉に運んでもらいました。


とにかく、娘に気分転換させなくてはならない。息子の喜ぶ顔が娘の生きがいです。