がん患者の父

娘が膵臓がんになった。まさかまさか、痛恨の極みです。

大腸ステント

娘の閉塞した大腸を通すために大腸ステント留置が行われました。麻酔をして肛門から網目状の円筒を閉塞部に留め置くものでした。夜9時半ごろに頭もすっきりしたのでとメールしてきました。「やっと開通したようで、うれしい」と。


つらいことが多い闘病生活なので、治療の一つ一つに期待や落胆を感じています。こうしたなかで、期待通りの結果がでると、嬉しいものです。久しぶりに家内ともども喜ぶ朗報でした。


翌朝には、鼻から挿入していてイレウス菅を抜いてもらった。緊急入院してから、ちょうど2週間ぶりのこと。煩わしい管が抜けました。これで腸閉塞の心配からは解放されました。また、あわせて腹水を抜き始め、およそ1リットルの量が抜けたそうです。


私自身がかつて患った腸閉塞では、7日間くらいでイレウス菅を抜き、重湯、三分粥、七分粥、全粥と胃腸を慣らしながら普通食に戻りましたが、娘の場合は、栄養点滴もチューブから解放される見込みはぜんぜん立っていません。


なんでもナースのいるところで、小さじいっぱいの白湯を飲んだだけで、ノドも胃も沁みるように痛かったと言います。普通食に戻れるのはいつの日か。なにしろ、いちばん娘が気にしている腹部の膨満状態はすこしも改善されていません。


そういえば、私の腸閉塞の場合、開通後、ナースがベッドサイドの来るたびに「おならが出たか、出たか」と催促されるように尋ねられたことを思いだした。ガスが出れば全通だという。メールで娘に尋ねてみたら、「まだ、ないよ」とのことだった。


1リットルと言えば、相当な量ですが、そのほどの抜水でも見掛け上の膨満状態は一向に小さくなりません。見舞ってきた家内は、腸の開通を喜んだのがウソのように暗い表情で、「全体としては、衰えが進んでいるようで、、、」と後が続かない。


もう8週間も抗がん剤投与をやっていません。やらないのは、副作用に耐えるだけの体力がない。腹水を抜かないのは抜くと、蛋白など栄養分も流失してしまう、ということだった。いつからという境目がないまま娘は、緩和ケアのレベルに入っているようだ。